遺産分割を進めるための第1歩

円滑な遺産分割を進めるためには被相続人の財産を正確に知ることが大切です。

相続が発生したら誰がどの遺産を引き継ぐのかを相続人間で決めるために
財産の調査をして遺産分割協議を行ないます。

“遺産分割を進めるための第1歩”の詳細は »

相続登記は自分でできるか

相続登記は自分でできないということではありませんが、実際に書類取り寄せると相続関係や権利関係が複雑なこともあります。

被相続人の不動産を相続後、名義を変更するには相続登記の手続きが必要です。
ごく基本的な相続登記であれば自分で行なうことも可能です。

“相続登記は自分でできるか”の詳細は »

不動産の権利にも種類があります

不動産の権利には所有権以外にも8種類あり、売買の際にはこちらも確認が必要です。

相続により不動産の所有者が変わったり、その不動産を担保に融資を受ける。
また所有者の住所や氏名変更など、これらの記録が登記事項証明書です。
“不動産の権利にも種類があります”の詳細は »

登記事項証明書の内容を知っていますか

普段見ることは少ないですが、相続登記では登記事項証明書の見方を知っておくと便利です

不動産の相続では、その不動産の情報(所在や権利関係などなど・・)
を確認するために登記事項証明書を確認します。
普段は目にする機会が少ないものなので、内容を読み取り理解するには
少し難しいところがあるかも知れません・・・
“登記事項証明書の内容を知っていますか”の詳細は »

相続した不動産の名義変更には登記が必要です

相続によって不動産を取得した際はできるだけ速やかに名義変更を済ませましょう

相続が開始されて不動産などを取得したときには不動産の
所有権が移転しますので、名義変更の手続きが必要です。
名義変更の手続きは相続登記の申請をします。


“相続した不動産の名義変更には登記が必要です”の詳細は »

遺言状があれば相続手続きは簡単になります

遺言状を作成し、相続人を指定しておけば手続きは簡単になります。

遺言書は誰もが書くもの、というような意識の方は少ないと思います。
うちは仲がよく相続争いは起こらないから遺言書は必要ないや、
うちはたいした財産がないから遺言書なんて必要ないなど、
これが一般的な遺言書に対するイメージではないでしょうか。

“遺言状があれば相続手続きは簡単になります”の詳細は »

成年後見制度とはのような制度でしょうか

成年後見制度とは判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立て援助をしてくれる人をつけてもらう制度です。

成年後見制度とは精神上の障害(知的障害や精神障害、痴呆等)
で判断能力が十分でない方が不利益を被らないように
家庭裁判所に申立てを行い、その方の援助をしてくれる人を付け
てもらう制度です。

“成年後見制度とはのような制度でしょうか”の詳細は »

これから増加する相続と任意後見のこと

相続発生まで、任意後見人は、被後見人の財産を管理し、さまざまな法律行為を代理する立場にあることが多い。

任意後見制度とは、
元気な方が、将来の認知症などに備え、
元気なうちに、もしもの為に、自分の代理人となってくれる方とする契約である。

任意後見契約をしたとしても、
元気なうちは、特に今までと生活は変わらない。
“これから増加する相続と任意後見のこと”の詳細は »

遺産がいくらかで相続税の評価に影響する

評価する時点は相続の時点であり購入価格ではありません

相続財産を評価しなければ相続税の計算はできません。
とくに自宅や土地などの価格は価格が一定ではないので、評価をしなければなりません。相続税を払う際には、不動産を評価するための基準が設けられています。
なお、評価する時点は相続の時点であり購入価格ではありません。
“遺産がいくらかで相続税の評価に影響する”の詳細は »

相続における分割の請求のあれやこれやです

日本の民法は単独所有を相続では原則としています。

日本の民法は単独所有を原則としています。
民法では、各共有者はいつでも共有物の分割を請求することができる(民法256条1項本文)としています。
ただし、5年を超えない期間内は分割をしない旨の契約ができる(民法256条1項ただし書)としています。
“相続における分割の請求のあれやこれやです”の詳細は »

« 過去の記事